2017年2月18日土曜日

教育学科の端くれとして思うこと

こんにちは。
インターン生の関根です。
今回は、いち教育学科生として日本の教育について感じること(不満!?)をつらつらと述べたいと思います。

私の周りには教師が多く、(父、父方の祖母、父方のおじおば、母方のおじおば)小学生の時からまじ~めに先生の言うことは必ず聞く子として育ってきました。

「いつも大人に褒められるように、、怒られるなんてもっての外!」

そんな生活を続けてきたおかげで(?)まあまあの成績を保ち現在世間から見てまあまあの大学に入ることができたと思っています。

しかし東京に出てきて大学に入り、気づきました、、

私のような「いい子」はこれからの社会に必要とされてない!!

大学で学ぶことは、自分が受けてきた教育がいかに「残念な」ものであったか、北欧の教育がいかに「イケてる」ものであるか、などなど、、
東京で出会った「いま活躍している人」は、何やら話を聞いてみると「昔は大人の言うことなど聞かず割と自由奔放にしていた」とのこと。
挙句の果てに、私のように人の言うことだけ素直に聞いて自分から考えアクションを起こすのが苦手な人間はこれから苦しいよ~ですと!?

ちょっと待ってよ!話が違う!!

私は言われた通りに、今までこれが正解だと思って生きてきたのに、、
成人を目前にして、過去十数年間の生き方を全否定された気持ちになりました。

ではどうして私はこんな残念な結果になってしまったのか?
実は私が受けてきた教室で行われる(義務)教育は、GHQと高度経済成長によって生み出された「(それぞれが勝手に意見して国に反発することのない)素直な国民」を作るために考えられてきたものだったのです。
(だいぶ端折ってあるので間違っているかもしれません、、)

要するに私は、戦後良いとされていた教育にどっぷり浸かっていたことで、現在良いとされているものを学べずに育ってしまったのでした。

時代は刻刻と変わっています。昔と今で求められていることが同じなわけないじゃないですか。

「素直な生徒」として先生に褒められていた代償が「自分で考えられない」ということだったと気づいた時にはもう手遅れでした。

時代錯誤の教育に染められた元・子どもとして、ここは声を大にしてクレームを言いたいと思います。


、、とても被害者面して書きましたが、もちろん受けてきた日本の教育すべてが間違いだったというつもりはありません。(笑)

でも、今絶対に言えることは、教育って時代に合わせてそのやり方を逐一変えていかなければならないということです。

文科省はやっと重い腰を上げて改革を始めるみたいですね。

私のような子どもがもう生み出されませんように。

以上、取り留めない文章になってしまいましたが教育学科の端くれの思うことでした。

2017年2月10日金曜日


こんばんは。セールスを担当しています小倉です。
来週の2月14日はバレンタインデーですね。
ここで私のバレンタインデーの思い出ベスト3を伝えます。
前提としてワタシ甘いもの苦手です。。

では第3位から

中高生時代

朝来たら、机の中にチョコが入ってた。
放課後に屋上に呼びだされる。

などの思い出が中高男子校のためありません。
一度はいいから経験してみたかったです。。。

続いて第2位

大学生時代
バレンタインデーに同時お付き合いしてた方から手編みにマフラーを
いただきました。これが良い意味でとても太いんですよ。もちろん良い意味で。
とても暖かったデス。

栄光の第1位は

社会人時代
当時お付きあいしてた方(今の妻)に手作りチョコをいただきました。
あまりお菓子とか作らないタイプだったので、非常に嬉しかったのですが・・・。
食べてみると

濃い!!

濃い!!

普通のチョコの10倍くらいの濃さ!!

ゴディバなんて比べものにならない!!

一つ食べると夕食分くらいの満腹感!!

それから妻が私に手作りのお菓子を作ってくれることは今のところ
ありません。。

以上が私のバレンタインデーの思い出ベスト3です。

雑貨屋さんで観葉植物を買いました

こんにちは。インターン生のいちかわです。


先日、さっぽろ雪まつりを見に北海道へ行ってきました。
長年この目で見てみたいと夢みていた迫力ある大雪像に感動しました。時事ネタを盛り込んだ作品も多く、楽しかったです。

そして、寒いなか食べるラーメンなどのご当地グルメも最高でした


余談ですが、札幌でつなぎのようなスキーウェア(ジャンプスーツ?)を着た子どもをけっこうな頻度で見かけました。
あったかそうなのはもちろん、何よりすごく可愛いらしかったです。
もしも将来子どもを持つことがあれば、きっと着せてあげたいと思います。




さて、ここからが本題なのですが、皆さんの家に観葉植物はありますか?


わたしは最近、家で観葉植物を育てるようになりました。

わたしが置いているのは、丸みのある葉っぱが特徴のポトスという植物と、ツル性で黄色の班模様が特徴のアイビー。
ポトスは家の近くの雑貨屋さんで買ったものです。

どちらも寒さ暑さに強くて育てやすく、小さな鉢植えに入っているので場所もとりません。
水やりの回数も少なくて大丈夫な種類です。


この2つを置くようになってから、家でゆったりとした気分で過ごせるようになりました。
実際、観葉植物からはマイナスイオンが出ていて、リラックス効果があるそうですよ!

ほかにも、部屋の空気を綺麗にしてくれたり温度調節をしてくれたり、、
嬉しい働きがいっぱいあるんですね。


ちなみに、センジュのオフィスにも観葉植物が置いてあります。
席拡充のためオフィスの模様替えをした際には置き場所に悩みましたが、今も健在で開放的な雰囲気を演出してくれています。

生き生きとした緑色の植物は見るだけでも癒されますし、家はもちろん植物のあるオフィスっていいですね。


リラックス効果が期待できるだけでなく、お洒落なインテリアとしても活躍してくれる観葉植物、おすすめです。


お花屋さんやホームセンターだけでなく、スリーコインズなどの雑貨屋さんでも販売されているので、気軽に購入することができますよ。


ぜひ検討してみてください!

2017年2月7日火曜日

あなたは絵文字派?顔文字派?

こんにちは。コモリブインターンの小澤です。
今日は私が最近発見した「年代別絵文字・顔文字使用傾向」についてお話します。

みなさんは親しい方にラインなどで話すとき絵文字・顔文字のどちらを使っているでしょうか?
絵文字というのは😊などの既にスマホに機能として入っているスタンプのことを指します。対して顔文字は(^-^)、(*^◯^*)などの記号で顔をイメージして作られたものです。
どちらも相手に良い印象を与えるうえで欠かせないツールです。


今回私は年代によって絵文字・顔文字のどちらを使うかがはっきり分かれていることに気づいたのでここに載せます。

*2016年度時点での話です。2017年度になったら大学生の過半数が絵文字派になるのだと思います。

大学1年生→絵文字
大学2年生→絵文字
大学3年生→絵文字
ーーーーーーーーーー謎の境目ーーーーーーーー
大学4年生→顔文字
社会人1年目〜29歳→顔文字
30歳以降→顔文字。なぜかかっこいい人は機種依存文字を多用した顔文字を使う。

ー番外編ー
クラブに出没する人間→絵文字。


もちろん、その人の性格によって変わってくることはあるのですが、だいたいこんな感じだと思います。

ここから一つ導きだせる結論は、年代が若くなるほど絵文字を使う傾向が高いということです。高校生とラインする機会がないので分かりませんが、おそらく高校生も絵文字派なんでしょうね。

絵文字が流行りだしたのは私が高校2、3年生の時あたりだったでしょうか。2013、2014年あたりの話ですね。ちょうどiphoneが普及しだした時期と一致しているのでiphoneが絡んでいるかもしれませんね。
その前は顔文字全盛期で絵文字はダサいみたいな風潮があったのを覚えています。

ちなみに個人的には絵文字より顔文字使う人の方が好きです。
絵文字だとちょっとバカっぽくみえます。(自分も使ってますが!笑)

2017年1月5日木曜日

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
代表の曽原でございます。

2016年は、様々な追い風に恵まれ、コモリブのウェブ版がめざましい成長を遂げました。
一方でアプリ版の機能改善等は、スピード感を持って進められなかったことが心残りとなりました。

2017年も、より多くのユーザーの皆様に使って頂けるよう、コモリブをもっと使いやすいサービスに進化させてまいります。

本年もご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

2017年1月5日
株式会社センジュ
代表取締役 曽原健太郎

2016年12月12日月曜日

本ブログ初のエンジニアっぽい記事(?)

長谷川です。本ブログ、タイトルは『コモリブの開発室から』となっているのですが、今のところ開発室的要素はゼロ。なので今回はエンジニアらしい記事を書いてみます。

Google Search Console

Web サイトを運営しているサービスなら必ずお世話になるこのツール。Google のクローラーが検出した各種エラーのチェックのほか、各ページへの流入数、流入キーワード、平均表示順位等かチェックできる有り難いツールとなっています🙏

Google Search Console はとても役に立つツールなのですが、ちょっと不便な所もあったりします。UI の制限上、ページ毎の表示順位や流入数の確認は 1 ページ毎にしか行なえません。チェックしたいページが複数ある場合、該当ページの URL を一つ一つ手入力してあげないといけないと駄目なのが非常に辛いところです😭

そういえば、Search Console って API あるのでは?

はい。ふと思って調べてみたら有りました!気になる各種 Quota ですが、以下のように非常に寛容な形で提供されています。これをうまく使うことで公式の Search Console の UI による制限を受けずに各種ページの Google 検索結果パフォーマンスの確認を行うことができますね!

Per-site limit (calls querying the same site):
  • 5 QPS
  • 200 QPM
Per-user limit (calls made by the same user):
  • 5 QPS
  • 200 QPM
Per-project limit (calls made using the same Developer Console key):
  • 100,000,000 QPD

Google Search Console Archive

さて、API が使えることが判明したのでこれを叩けば色々と捗る事が分かったのですが、やっぱり UI が欲しい。かと言って1から実装するのは面倒なので取りあえず GitHub を探してみたところ見つけたのがこちら。

https://github.com/OuestFrance-Multimedia/Google-Search-Console-Archive


見つけた時点では Star × 3、Fork × 0 の全く無名なプロダクトでしたが、Read Me に良さげな画面のスクリーンショットが載っていたこと(でも、解像度低過ぎて細かい所見えない…!)、作り始めてまだ 3 ヶ月の若いプロダクトということで、実際に動かして試してみる事にしました。

恐らくこのプロダクト初の人柱となったので仕方が無いところではあるのですが、いくつかバグに当たってしまったため、動くようになるまでちょっと手こずってしまいました💦

(本家の Read Me に載っているスクリーンショットでは小さすぎてよくわからないので、実際の画面が気になる人も結構(?)いるかと思います。大きなスクリーンショットを載せておきますね↓↓↓ クリックで拡大可)




ちなみに修正したバグたちについては Pull Request を投げておきました。ですが、遭遇したバグたちはいずれも作者の手元の環境ではすでに直っていて、単に commit & push が漏れているだけのような気がしていますので、マージされるかどうかは不明です 。とりあえず本家に修正が入る前にもし動かしてみたい方が居ましたら、私が fork したリポジトリの develop ブランチを試すのが良いかと思います。色々と細かいところは省略されてはいますが、基本的に Read Me に書いてある手順を実行していくことで動かすことができるかと思います。

バグ修正版 fork:
https://github.com/h6ah4i/Google-Search-Console-Archive/tree/develop


日々、あまりいろんなことに時間を割いている余裕はなかったりしますが、これからも小さなところからエンジニアらしく業務改善していけたら良いな、と思います。

8分間で世界を変える



こんにちは。
インターンの関根です。


私は現在大学2年生なのですが、今回は自分がサークルでやっていることについて書きたいと思います。



私は大学で「英語会」の「スピーチセミナー」というところに所属していて、
英語でスピーチを書いて、人前に出て8分間で発表する
という活動を主にしています。


これだけ言うと、
「なんかすごいね、、」 「英語なんて無理~」
などなどあまり関心を持ってもらえないことが多いのですが、、(笑)


「Yes, We Can.」
このフレーズ、もちろん知ってますよね?
簡単に言うと、私のしていることはあのオバマさんと同じようなことです。


自分の言葉で人の考えを変え、動かす。


英語スピーチって、実はとっても奥が深い競技なんですよ。



現在は「TED」など日常でスピーチに触れられる機会が多くなりました。
スピーカーたちはとてもナチュラルに、簡単に話しているように見えますが、実はあのように人前で一つのスピーチをするまでには数多くのプロセスを経なければなりません。


・ブレインストーミングする
・フローチャートをたてる
・ライティング
・メモライズする
・デリバリーの練習をする
・リライトをし続ける


挙げてみると一通りのメジャーな行程はこんな感じです。
そしてこれらは一人では決してできるものではなく、いろんな人の力を借り長い時間をかけて行います。

当たり前ですが、オバマさんのスピーチも決して彼が思い立ったことをその場で言っているわけではないということです。




自分は皆にこれを伝えたい!

私たちスピーカーはこの気持ちだけを頼りに、どうしたら相手に伝わるか、心に響くかを突き詰めてスピーチをします。


その結果が「Yes, We Can.」のように世界を動かすのです。



私はこの、
「一人のスピーカーが大勢のオーディエンスに新しい価値観をもたらす」
という点に魅了されてスピーチ活動をしています。


活動をする中で出会った面白い価値観は
「教育の大切さ」から「虫を食べよう!」まで様々。


1つのスピーチを完成させるのは簡単なことではありませんが、自分の声が一人でも多くの人の考えを変えることを夢見て壇上に立っています。


ちなみに現在は、「うつを食事で治そう」というトピックを画策中。



奥深い英語スピーチの世界、ちょっと覗いてみませんか?